コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川上俊彦 かわかみ としつね

2件 の用語解説(川上俊彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川上俊彦 かわかみ-としつね

1862*-1935 明治-昭和時代前期の外交官,経営者。
文久元年12月29日生まれ。外務省にはいり,ウラジオストク駐在貿易事務官となり,日露開戦時には居留民引き揚げ業務に従事した。満鉄理事をへて,大正10年初代ポーランド公使となる。のち北樺太(からふと)鉱業,日魯(にちろ)漁業各社長を歴任。昭和10年9月12日死去。75歳。越後(えちご)(新潟県)出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

川上俊彦

没年:昭和10.9.12(1935)
生年:文久1.12.29(1862.1.28)
明治から昭和前期の外交官,実業家。越後国(新潟県)村上藩士の家に生まれる。新潟師範を中退,上京して明治17(1884)年東京外国語学校ロシア語科を卒業。外務省雇として就任以来,主としてロシア関係業務に従事した。33年ウラジオストク貿易事務官となり,日露開戦時には居留民引き揚げに尽力,また旅順開城後の乃木・ステッセル会見の通訳を務めた。大正2(1913)年南満洲鉄道会社理事,9年ポーランド公使。12年帰国しソ連代表ヨッフェと交渉,日ソ間の国交調整に当たった。昭和4(1929)年日魯漁業株式会社社長となる。<参考文献>西原民平編『川上俊彦君を憶ふ』

(吉村道男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川上俊彦の関連キーワード外交官大陸浪人安宅弥吉河合博之桑島主計武内竜次林毅陸本多熊太郎陸奥広吉室田義文

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone