コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川俣湖 カワマタコ

3件 の用語解説(川俣湖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かわまた‐こ〔かはまた‐〕【川俣湖】

栃木県北東部にある人造湖鬼怒川上流の瀬戸合峡をせき止めて造られた。面積2.6平方キロメートル。昭和41年(1966)に完成した川俣ダム貯水池イワナ・コイ・ニジマスなどが生息する。日光国立公園の一部。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕川俣湖(かわまたこ)


栃木県北西部、利根(とね)川水系鬼怒(きぬ)川上流部の川俣ダムによってできた人造湖。川俣ダムは、1966年(昭和41)完成の、洪水調節・発電などの多目的ダムで、アーチ式コンクリートダム(堤高117m、堤長131m、面積2.59km2、総貯水容量8760万m3)。瀬戸合(せとあい)峡の渓谷に設置され、「渡(わた)らっしゃい吊橋(つりばし)」からの眺望がよい。上流2kmにある川俣温泉はダム工事のさいに掘削され、新しく温泉街が形成された。イワナ・ヤマメ・コイなどの釣りが盛んで、約20軒の民宿があり、行楽客でにぎわう。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川俣湖
かわまたこ

栃木県日光(にっこう)市の北西部、鬼怒(きぬ)川上流、馬坂(うまさか)沢との合流点付近にある人造堰止(せきとめ)湖。奥鬼怒の景勝地瀬戸合(せとあい)峡の上流に設置された川俣ダムは、洪水調節、灌漑(かんがい)、発電用の高さ117メートル、長さ131メートルのアーチ式コンクリートの多目的ダム。1966年(昭和41)完工。湖の造成により、低地にあった集落が南の湖畔、段丘面上に移転した。ニジマスなどが釣れ、毎年4月上旬に解禁される。1990年(平成2)湖畔に川俣湖温泉が発見された。近くに川俣温泉がある。東武鉄道鬼怒川温泉駅、野岩(やがん)鉄道川治(かわじ)温泉駅などから川俣大橋までバスが通じる。[平山光衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川俣湖の関連情報