コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虹鱒 ニジマス

デジタル大辞泉の解説

にじ‐ます【虹×鱒】

サケ科の淡水魚。全長約50センチ。体色は暗青色で背面・背びれ・尾びれに小黒点が散在し、体側に紅色の帯が縦に走る。北アメリカの原産で、日本へは明治10年(1877)以降移入、湖沼や渓流に放流され釣り魚にも利用。食用。レインボートラウト。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にじます【虹鱒】

サケ目の魚。全長約40センチメートル。体形はサケに似る。背は緑褐色の地に多数の黒点が散在し、腹は銀白色。体側に一本の淡紅色の縦帯が走る。食用。釣りの対象魚。カリフォルニア原産だが各地で養殖。降海型もあり、全長1メートルにも達する。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

虹鱒 (ニジマス)

学名:Salmo gairdneri
動物。サケ科の淡水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

虹鱒の関連キーワードイエローストーン国立公園ソル ギョングカン スヨン銀白色降海型養殖体形サケ

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

虹鱒の関連情報