川俣温泉(読み)かわまたおんせん

  • かわまたおんせん かはまたヲンセン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栃木県北西部,日光市鬼怒川上流にある温泉泉質単純泉,食塩泉。泉温 49~99℃。川俣ダム建設に伴う自動車道路の開通後,急速に発展。八丁ノ湯,日光沢温泉など奥鬼怒温泉郷入口間欠泉がある。日光国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

栃木県北西部、鬼怒川上流の渓間にある単純泉。川俣湖の上流で、鬼怒川温泉郷の入り口にあたる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栃木県日光市(にっこうし)の北西部鬼怒川(きぬがわ)上流にある温泉。標高1000メートルの地に湧(わ)く山の湯。第二次世界大戦前には地域共有の共同浴場が1か所あるだけの湯治場であったが、1953年(昭和28)に自動車の通行可能な道路が開通して以後、バス便も開設され、遠来の客の増大に伴って旅館も急増した。国民宿舎渓山荘をはじめ、民宿もある。泉質は塩化物泉。利用される源泉は16で、湧出(ゆうしゅつ)量は1分間479リットル。川俣湖、間欠泉、平家塚をはじめ、奥鬼怒探勝の拠点となっている。東武鉄道鬼怒川温泉駅、野岩(やがん)鉄道川治(かわじ)温泉駅などからバスが通じる。[櫻井明久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

栃木県西部、奥鬼怒温泉郷の入り口にある温泉。鬼怒川渓谷にあり、奥日光探勝の基地。泉質は弱食塩泉。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android