コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コイ

デジタル大辞泉の解説

こい〔こひ〕【×鯉】

コイ目コイ科の淡水魚。全長約60センチ。体は長い筒形で背から腹へかけての幅が広く、長短二対の口ひげがある。野生種は、背部が蒼褐色、側面から腹部が黄褐色で光沢がある。平野部の河川・湖沼にすむ。食用・観賞用に広く飼養され、ドイツゴイニシキゴイヒゴイなど多くの品種がある。

り【鯉】[漢字項目]

人名用漢字] [音]リ(呉)(漢) [訓]こい
〈リ〉魚の名。コイ。「鯉魚養鯉
〈こい(ごい)〉「鯉幟(こいのぼり)緋鯉(ひごい)真鯉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こい【鯉】

コイ目コイ科コイ属の淡水魚。普通は全長60センチメートルぐらいになり、二対の口ひげがある。野生種はノゴイともいい、体高が低くてほぼ円筒形で体色は黒褐色。飼育品種はヤマトゴイ・ドイツゴイ・ニシキゴイなどがあり、一般に体高がやや高くて側扁し、色彩や鱗うろこに変化がある。日本では古くから食用とされ、観賞用の品種も多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鯉 (コイ)

学名:Cyprinus carpio
動物。コイ科の淡水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鯉の関連キーワード岡山県新見市哲西町矢田入船亭 扇橋(8代目)麗々亭柳橋(3代)神田伯山(4代)変わり鯉・変り鯉岡山県倉敷市矢部神田伯山(2代)広島東洋カープ田中 友一鯉の滝登り辛気が湧く鯉の糸作り俳諧寮蝙蝠小判女郎縦横沙汰高木古泉田中友一俎板の魚西川 鯉カワゴイ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鯉の関連情報