コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎八右衛門 かわさき はちえもん

2件 の用語解説(川崎八右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川崎八右衛門 かわさき-はちえもん

1834-1907 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)5年12月生まれ。明治7年川崎組を創立して為替方となり,大蔵省国税取扱方を命じられる。13年川崎銀行に改組し,14年には東海貯金銀行を創設,金融業を中心に川崎財閥の基礎をきずいた。また20年水戸鉄道,29年入山採炭をおこした。明治40年1月13日死去。74歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

川崎八右衛門

没年:明治40.1.13(1907)
生年:天保5.12(1834)
明治期の実業家。常陸国海老沢村(茨城県茨城町)の大庄屋兼回漕問屋の家に生まれる。16歳で家督を相続。窮乏する水戸藩の藩財政を救うため藩による通貨鋳造を献策,銭座取締に任命され,自ら通貨鋳造に当たった。幕末維新期に多くの地方豪商が没落する中,川崎は鉱山,北海道開拓など様々な事業を試みながら時代の変化に対応していった。明治7(1874)年東京で川崎組を設立,警視庁など官公庁の為替業務を取り扱った。13年川崎銀行に改組,さらに14年小口の資金を集める東海貯金銀行(32年川崎貯蓄銀行に改称)を設立。金融業を中心に川崎財閥を形成していった。25年には川崎金三郎(2代目八右衛門)に川崎銀行頭取の座をゆずり,監督として後見し,38年正式に引退。川崎銀行はその後,第百銀行と合併し5大銀行に迫るほどの規模となったが,第2次世界大戦下の銀行合同政策で三菱銀行に合併され,川崎財閥は解体した。

(島田昌和)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の川崎八右衛門の言及

【川崎財閥】より

…(1)川崎(金融)財閥 銀行,保険,信託を主とする東京の財閥。水戸藩の御用達金融業者であった川崎八右衛門は,1874年に東京で川崎組を設立して官庁の為替業務を扱った。80年銀行条例の発布により川崎銀行となる。…

※「川崎八右衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

川崎八右衛門の関連キーワード常陸海老沢泰久磯部保次江戸周大久保要造神永喜八堤定次郎鉄伝七前島平宮本逸三

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone