コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎財閥 かわさきざいばつ

2件 の用語解説(川崎財閥の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かわさきざいばつ【川崎財閥】

明治期、川崎正蔵が川崎造船所を中心として築いた財閥。軍事工業を中心に発展した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわさきざいばつ【川崎財閥】

川崎財閥と称されるものには,川崎銀行を中心とするものと川崎造船所を中心とするものの二つがあるが,一般には前者をさす。(1)川崎(金融)財閥 銀行,保険,信託を主とする東京の財閥。水戸藩の御用達金融業者であった川崎八右衛門は,1874年に東京で川崎組を設立して官庁の為替業務を扱った。80年銀行条例の発布により川崎銀行となる。1906年に持株会社,定徳合資会社(資本金300万円)を設立し,千歳商会と共済会がこれを助けて傘下事業を統轄し,07年2代目八右衛門が後をついだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone