コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎千虎 かわさき ちとら

3件 の用語解説(川崎千虎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

川崎千虎

日本画家。尾張生。通称は源六、のち鞆太郎。孫は日本画家の川崎小虎。はじめ沼田月斎に学び、のち京に出て土佐光文大和絵を学ぶ。また、有識故実を研究した。明治11年、上京し官職をへて博物館御用掛となる。歴史画家として名をはせ、東京美術学校教授などの要職を歴任、日本美術院の創立に参加した。明治35年(1902)歿、67才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川崎千虎 かわさき-ちとら

1837*-1902 明治時代の日本画家。
天保(てんぽう)7年12月2日生まれ。沼田月斎,土佐光文に師事。大蔵省勤務などをへて博物館御用掛となる。明治15年「佐々木高綱被甲図」で歴史故実画家として名をあげ,日本美術協会審査員や東京美術学校(現東京芸大)教授をつとめた。明治35年11月27日死去。67歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。通称は源六,鞆太郎。別号に鞆之舎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

川崎千虎

没年:明治35.11.27(1902)
生年:天保7.12.2(1837.1.8)
明治期の日本画家。尾張(名古屋)藩士の子。名古屋生まれ。名は源六,のち鞆太郎。沼田月斎に四条派を学んだのち,京都で土佐光文にやまと絵を学ぶ。明治11(1878)年上京し,内務省勧商局,大蔵省などに出仕したのち,博物館御用掛となる。また25年から28年まで,岡倉天心の依頼で東京美術学校(東京芸大)で本邦武装沿革などを講義し,30年には同校教授となるが,31年東京美術学校騒動に際して辞職。日本美術院設立に参加し,正員となる。有職故実に通じ,門下に小堀鞆音などを輩出,やまと絵系の歴史画家として活躍した。古社寺保存会委員も務めた。

(佐藤道信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川崎千虎の関連キーワード森村宜永杉原鼓澤長谷川玉粹岡本柳南宮戸松斎古屋重壽川端玉雪鬼頭如石西村奇石吉田鹿助

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone