コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎千虎 かわさき ちとら

美術人名辞典の解説

川崎千虎

日本画家。尾張生。通称は源六、のち鞆太郎。孫は日本画家の川崎小虎。はじめ沼田月斎に学び、のち京に出て土佐光文大和絵を学ぶ。また、有識故実を研究した。明治11年、上京し官職をへて博物館御用掛となる。歴史画家として名をはせ、東京美術学校教授などの要職を歴任、日本美術院の創立に参加した。明治35年(1902)歿、67才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川崎千虎 かわさき-ちとら

1837*-1902 明治時代の日本画家。
天保(てんぽう)7年12月2日生まれ。沼田月斎,土佐光文に師事。大蔵省勤務などをへて博物館御用掛となる。明治15年「佐々木高綱被甲図」で歴史故実画家として名をあげ,日本美術協会審査員や東京美術学校(現東京芸大)教授をつとめた。明治35年11月27日死去。67歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。通称は源六,鞆太郎。別号に鞆之舎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

川崎千虎

没年:明治35.11.27(1902)
生年:天保7.12.2(1837.1.8)
明治期の日本画家。尾張(名古屋)藩士の子。名古屋生まれ。名は源六,のち鞆太郎。沼田月斎に四条派を学んだのち,京都で土佐光文にやまと絵を学ぶ。明治11(1878)年上京し,内務省勧商局,大蔵省などに出仕したのち,博物館御用掛となる。また25年から28年まで,岡倉天心の依頼で東京美術学校(東京芸大)で本邦武装沿革などを講義し,30年には同校教授となるが,31年東京美術学校騒動に際して辞職。日本美術院設立に参加し,正員となる。有職故実に通じ,門下に小堀鞆音などを輩出,やまと絵系の歴史画家として活躍した。古社寺保存会委員も務めた。

(佐藤道信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone