コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎紫山 かわさき しざん

1件 の用語解説(川崎紫山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川崎紫山 かわさき-しざん

1864-1943 明治-昭和時代前期のジャーナリスト。
元治(げんじ)元年5月4日生まれ。東京の曙(あけぼの)新聞社,大阪の大東日報社の記者をへて「中央新聞」「信濃(しなの)毎日新聞」の主筆となる。明治34年(1901)頭山満(とうやま-みつる)らと黒竜会の創設に参加。日中戦争がはじまると大東亜協会を組織した。昭和18年5月12日死去。80歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。名は胤贇(たねよし)。通称は三郎。別号に剣外。著作に「東洋策」「大西郷」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川崎紫山の関連キーワード元治イギリス映画育英制度ペドロ[2世]ロダン池田屋惣兵衛入江九一扇格左衛門大浦教之助清岡道之助

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone