コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎紫山 かわさき しざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川崎紫山 かわさき-しざん

1864-1943 明治-昭和時代前期のジャーナリスト。
元治(げんじ)元年5月4日生まれ。東京の曙(あけぼの)新聞社,大阪の大東日報社の記者をへて「中央新聞」「信濃(しなの)毎日新聞」の主筆となる。明治34年(1901)頭山満(とうやま-みつる)らと黒竜会の創設に参加。日中戦争がはじまると大東亜協会を組織した。昭和18年5月12日死去。80歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。名は胤贇(たねよし)。通称は三郎。別号に剣外。著作に「東洋策」「大西郷」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川崎紫山の関連キーワードジャーナリスト元治

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android