川村清一(読み)かわむら せいいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川村清一 かわむら-せいいち

1881-1946 明治-昭和時代前期の植物学者。
明治14年5月11日生まれ。菌類の研究につとめ,明治40年郷土岡山県の名物トラフダケ(虎斑竹)の成因を研究・解明した。これは天然記念物保存法が制定されるひとつの契機となった。千葉高等園芸(現千葉大)教授。昭和21年3月11日死去。66歳。東京帝大卒。著作に「原色日本菌類図鑑」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android