コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川治[温泉] かわじ

百科事典マイペディアの解説

川治[温泉]【かわじ】

栃木県日光市,鬼怒川と男鹿(おじか)川の合流点にわく温泉。単純泉。42〜47℃。享保年間(1716年―1736年)の発見と伝え,湯守も置かれていたが,発展は1930年の東武鬼怒川線開通後。
→関連項目日光[市]藤原[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわじ【川治[温泉]】

栃木県北西部,藤原町にある温泉。鬼怒川と男鹿川の合流点の段丘上を占める。温泉は1723年(享保8)に発見されたとされるが,長く近在の人々の湯治場であった。国鉄日光線,藤原軌道(今市~藤原間,1943年に東武鉄道に合併)と東武日光線が相次いで開通した1920年代以後,温泉観光地として開発が進んだ。同じく,これら交通機関の整備によって急速に開発された鬼怒川温泉から約10kmはなれて位置するため,現在でも川治は鬼怒川温泉よりひなびた,静かな温泉観光地である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川治[温泉]の関連情報