州崎・洲崎(読み)すさき

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 (「すざき」とも)
① 州が長く河海に突出して、みさきのようになった所。
※曾丹集(11C初か)「かものゐるすさきのみよりこほりとぢよりこし波も沖におりつつ」
② ①の形の模様。
※源平盛衰記(14C前)四二「洲崎(スサキ)に千鳥の飛散りたる貝鞍置きて乗りたりけるが」
[2]
[一] 江戸深川にあった地名。元祿年間(一六八八‐一七〇四)埋め立てられてできた築島をいい、現在の江東区東陽一丁目から木場六丁目にかけての一帯にあたる。遊覧の地で、潮干狩なども行なわれた。洲崎弁財天社(現在の洲崎神社)がおかれ、明治二一年(一八八八)には根津から遊郭が移された。
※雑俳・俳諧觿‐一三(1797)「遠からぬ洲崎もいはば江戸の果」
[二] 「すさきじんじゃ(洲崎神社)」または「すさきべんざいてんしゃ(洲崎弁財天社)」の略。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)四「是非洲崎(スサキ)へ参詣(まゐら)ねへければならねへ」
[四] 神奈川県鎌倉市台付近にあった旧郷名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android