工場管理(読み)こうじょうかんり

百科事典マイペディアの解説

工場管理【こうじょうかんり】

工場における施設・機械・組織などを最も能率的に働かせるため企業が行う体系的な諸施策。工場の立地・建設や施設配置などの計画・管理も含まれているが,中心は一定の製造計画を基本とする生産管理(経営)で,工程管理品質管理,原価管理,資材および運搬管理,設備管理などが重要な役割を果たす。
→関連項目工場

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の工場管理の言及

【経営・経営管理】より

…かつての内部請負人は,その蓄積した所得をてこに企業家に上昇転化するものと,熟練労働者,さらに生産管理のベテランとして企業の職長になるものとに分かれていった。後にとりあげるF.W.テーラーが科学的管理の名のもとに工場管理の合理化を行ったのは,ちょうどこのころにあたる。彼は,こうしてできた職長制度を,ありとあらゆることを1人でしなければならないが,結局はなにひとつ十分にできない万能式職長制度であると批判し,今まで1人の職長がやっていた仕事を職能別に分化させ8人の職長に代替させる職能的職長制を提案した。…

※「工場管理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

工場管理の関連情報