コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運搬管理 うんぱんかんり material handling

3件 の用語解説(運搬管理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

運搬管理
うんぱんかんり
material handling

生産工程においては,原材料,部品,仕掛品,治工具などが各作業工程によって必要な作業職場に搬入,搬出される。こうした作業対象物としての原材料,部品などの移動を合理的に行うことが運搬管理である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うんぱんかんり【運搬管理】

運搬とは一般に工場や事業所内での資材の移動を意味してきたが,運搬管理では資材の移動だけでなく積み降ろしなどの荷役,運搬用の包装,貯蔵などを含めて,工場や事業所内外での一貫した資材の取扱いを総合的に管理する。このような見方に立つ技術や管理方式はマテリアルズ・ハンドリングmaterials handlingと呼ばれ,1930年ごろアメリカに起こった。それは単位荷物の方式(ユニットロード・システム)という考え方と自載運搬設備(セルフローディングマシン)の開発が動機となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

運搬管理
うんぱんかんり

工場の中で物財の位置を移動することを運搬といい、運搬を効率的に遂行するための体系的施策を運搬管理という。運搬管理の基本は、必要な物財を、必要な量だけ、必要な時刻に、必要な場所へ敏速かつ安全に移動することである。運搬それ自体は付加価値に貢献しない費用の要因であるから、この点からすれば、運搬量をなるべく削減することが望ましい。しかし、運搬量の削減のみにとらわれると、在庫の増大や作業能率の低下を招くことがあるから、全体のバランスに対する配慮が必要となる。運搬管理の具体的な内容としては、(1)運搬距離の短縮のため、経路を合理化し、機械、設備、倉庫の配置を適正化する。(2)運搬能力向上のため、適切な機械や用具を採用する。(3)運搬費用を低下させるため、重力利用のような省エネルギー対策をとる。(4)運搬作業の計画化により運搬能力の最大限活用を図る、などがあげられる。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

運搬管理の関連キーワードISO 9000事業所就労移行支援事業適用事業所任意適用事業所事業所内保育施設素材生産事業体運搬・諸経費荷役運搬機械廃水処理

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone