コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左顧右眄 サコウベン

大辞林 第三版の解説

さこうべん【左顧右眄】

( 名 ) スル
〔曹植「与呉季重書」より。左をふりむき右を流し目で見るの意から〕
他人の思わくを気にしてためらうこと。右顧左眄。 「亭前に踞して-すれば両公彷彿として座間に微笑するを見る/獺祭書屋俳話 子規

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

左顧右眄の関連キーワード些・佐・作・叉・唆・嗟・嵯・左・差・査・沙・瑣・砂・磋・茶・裟・詐・蹉・鎖獺祭書屋俳話右顧左眄

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android