右顧左眄(読み)ウコサベン

  • 右顧左×眄

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)《右を見たり左を見たりする意から》周囲の状況ばかり気にして、自分の態度をなかなか決断しないこと。人の意見ばかり気にかけること。左顧右眄。「右顧左眄して評価を下せない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 右を見たり左を見たりして迷うこと。まわりのことを気にしてばかりいて決断しないこと。左顧右眄。右顧左顧。
※若い人(1933‐37)〈石坂洋次郎〉上「江波の存在に牽制されて右顧左眄の言を弄する」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

右を見たり左を見たりして迷うこと。まわりのことを気にしてばかりいて決断しないこと。

[活用] ―する。

[使用例] そうだ、俺のように右ばかりしているグズにはそういう道が一番適しているのかも知れない[藤枝静男*春の水|1962]

[使用例] 光森はそのために右顧左眄して、結果的に菱刈に何もしないのではなかった[曾野綾子*傷ついた葦|1970]

[解説] 「顧」はふりかえって見ること、「眄」は流し目に見ることで、正対しない点で共通の意味を持っています。

[類語] 左顧右眄

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

右顧左眄の関連情報