コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右顧左眄 ウコサベン

デジタル大辞泉の解説

うこ‐さべん【右顧左×眄】

[名](スル)《右を見たり左を見たりする意から》周囲の状況ばかり気にして、自分の態度をなかなか決断しないこと。人の意見ばかり気にかけること。左顧右眄。「右顧左眄して評価を下せない」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うこさべん【右顧左眄】

( 名 ) スル
〔右を見たり左を見たりする意〕
あたりの様子や周囲の思惑を気にして、決断できず迷うこと。左顧右眄。 「いつも-してばかりいる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

右顧左眄の関連キーワード友野与右衛門左顧右眄

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

右顧左眄の関連情報