コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨細 キョサイ

デジタル大辞泉の解説

きょ‐さい【巨細】

こさい(巨細)

こ‐さい【巨細】

[名・形動]
大きなことと小さなこと。きょさい。「巨細となく報告する」
細かく詳しいこと。また、そのさま。きょさい。
「裏庭より勝手などを―に見て座に就きつ」〈鏡花・化銀杏〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょさい【巨細】

こさい【巨細】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
大きいことと小さいこと。
大きいことから小さいことまであるさま。委細。一部始終。きょさい。 「 -もらさず調査する」 「飯でも喰ひながら裕然ゆつくりと-な話をしやう/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

巨細の関連キーワード虛・去・嘘・噓・墟・居・巨・拒・拠・挙・據・擧・渠・炬・虚・許・距・踞・遽・醵・鋸亜急性甲状腺炎(デュ・クェルバン甲状腺炎)サイトメガロウイルスエプーリス(歯肉腫)ヘルペスウイルスラングハンス細胞バザン硬結性紅斑非骨化性線維腫悪性リンパ腫算法地方大成江戸幕府日記骨巨細胞腫黄色肉芽腫ホジキン病側頭動脈炎尋常性狼瘡続日本後紀巨細胞腫破骨細胞帯状疱疹

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android