コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昼寝 ヒルネ

デジタル大辞泉の解説

ひる‐ね【昼寝】

[名](スル)昼間に眠ること。午睡(ごすい)。 夏》「蠅いとふ身を古郷に―かな/蕪村

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひるね【昼寝 nap】

昼間にとる一時的な睡眠。午睡(ごすい∥ひるね)とも書く。夜行性動物や夜に仕事をもつ人が昼間に寝るのは,単なる昼夜リズムの逆転にすぎないから昼寝とは呼ばない。生理的にみれば,昼寝は夜の眠りだけでは不足する絶対睡眠時間の補充という意味が大きい。ヒトを含めた多くの動物の乳幼児は成長のために,また熱帯地方にすむヒトや動物では,体力の消耗を防ぐために,昼寝は不可欠なものである。しかし人がいつ眠るべきかということは文化の規制を受けている面があって,昼寝の習慣は文化の現象である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひるね【昼寝】

( 名 ) スル
昼間眠ること。午睡。 [季] 夏。 《 我生の今日の-も一大事 /虚子 》 〔夏は夜が短く、暑さのためよく眠れないので、昼寝をすることが多い〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昼寝
ひるね

昼間に眠ることで、午睡ともいう。成人では夜間における睡眠が通常であるため、ここでは乳幼児について述べる。乳幼児は新陳代謝が盛んで運動量も多く、また、発育途上ということから睡眠を十分にとる必要がある。生後1か月までは授乳時、排便時以外はほとんど眠っている場合が多い。その後、3か月ころまでは2~8時間ずつの睡眠を昼夜の別なくとっているが、3か月を過ぎるころから夜間は目覚めずに眠るようになる。3か月から1歳までは夜間で10~12時間、日中で4~6時間ほどの睡眠時間となるが、1歳を過ぎると昼寝の時間が減ってくる。幼児期までは、必要な睡眠時間を夜間のみで満たすことができないため、昼寝で補うことが必要となる。昼寝の必要時間は、年齢差や個人差、生活条件からくる差などで異なるが、乳児期は午前と午後で各1回の昼寝が必要とされる。3~4歳になると昼寝をしなくなる幼児が増えてくるが、遊びのための活動が著しい時期であるので、午後1回の昼寝が適切である。とくに夏季にはなるべく昼寝をさせて、休養を十分にとるよう配慮することが望ましい[井上義朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の昼寝の言及

【シエスタ】より

…スペイン語で昼寝の意。語源はラテン語で〈6番目の時刻〉にあたるhoram sextam。…

【仕事休み】より

…新潟県新発田市の農村部では,野良に出てもすぐに仕事にかからずに吸いつけ煙草などして休むことをオリヤスミといい,午前,午後各1回の休憩をタバコヤスミ,ナカヤスミ,食事後のをジキヤスミといっていた。昼寝は夏季期間中に限られ,それも田植過ぎから八朔(旧8月1日)までの間というように決まっており,その時間は昼食後線香1本が燃え尽きるまでの間などといわれていた。このように休憩には,職種や土地ごとに一定の名称と慣習の存在していることが多い。…

【睡眠】より

…寝る時間については文化の規制がはたらくことが多い。チベットには昼寝をよくないとする考え方があり,とくに病人は昼に寝ないように介添えされる。しかし一方では日本の昔の農村のように,昼寝を認めた例もある。…

※「昼寝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

昼寝の関連情報