巴字(読み)はのじ

精選版 日本国語大辞典「巴字」の解説

は‐の‐じ【巴字】

〘名〙
① (「」の篆書(てんしょ)体の形から) ともえの形。物がぐるぐる回るさまにいう語。
※和漢朗詠(1018頃)上「は巴の字を成す初の三日(さんじつ) 周年より起って後幾ばくの霜ぞ〈藤原篤茂〉」
② (水が①の形にめぐり流れるところから) 曲水、また、曲水の宴をいう語。はのじの水。
※広本拾玉集(1346)四「思ひ出でてねをのみぞなく行く水にかきし巴の字の末もとほらで」

は‐じ【巴字】

〘名〙 「巴」の字。また、その形。水の流れの曲折するさまにたとえる。
※江吏部集(1010‐11頃)上・三月三日侍左相府曲水同賦因流汎酒応教「伴鄭泉而得水路、酒徳頌之文、因巴字」 〔王維‐送崔五太守詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android