コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻柿

デジタル大辞泉プラスの解説

巻柿

大分県中津市、耶馬渓地域の名物菓子。干した川底柿のヘタや種を除いて巻き重ね、藁で包んだもの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巻柿
まきがき

徳島県美馬(みま)郡つるぎ町、大分県北部の耶馬渓(やばけい)の名物であるほか、岐阜県下でもつくられている。柿のへたと種子をとり、干し上げてから十数個をロールハム状に巻き込み、納豆苞(づと)のように藁(わら)でくるんでから荒縄できつく巻き上げる。食べるときは必要なだけ荒縄をほどき、小口から切って取り分けるが、飴(あめ)状に発酵した干し柿は、果肉の締まったうまみを備えている。能登(のと)(石川県)の巻きブリ同様に保存食の一種で、つるぎ町の場合、屋島の戦いに敗れた平家の落人(おちゅうど)が巻柿の製法を伝えたといわれてきたが、そうした伝承はともかく、丸柚餅子(ゆべし)とともにわが国では古い菓子の一つである。巻柿は懐石料理にも使われる。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

巻柿[加工食品]
まきがき

四国地方、徳島県の地域ブランド。
美馬郡つるぎ町で生産されている。つるぎ町特産の赤松柿を乾燥させた干し柿を巻き固めたもの。徳島県伝統的特産品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android