コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

干し柿 ほしがき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

干し柿
ほしがき

日本独特の乾燥果実で,渋柿の皮をむいて干したもの。糖が多く,粗繊維の少い渋柿が適しており,大和百目,甲州百目,平無核,西条,堂上蜂屋などの品種がよいとされている。皮をむいて,天日乾燥あるいは人工乾燥する。乾燥中に渋は徐々に抜けていく。殺菌と殺虫を兼ねて硫黄薫蒸することもある。なかば乾燥したところで1つずつ手でもみ,水分を均一にし形を整える。次にわらの中に並べ桶の中に置くと,数日で白い粉がふいてくる。再び日に当て,粉出しの操作を繰返す。白粉は果糖とぶどう糖の混合物。製造法によりころ柿串柿巻柿,紅柿,あんぽ柿などがある。柿なますなどの料理や,柿羊羹などの菓子の材料としても用いられる。福島,山梨,岐阜,広島などが名産地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

干し柿
ほしがき

渋柿の皮をむき、天日乾燥または人工的に加熱乾燥したもの。渋抜きと保存の両方を兼ねている。日本の乾果の代表的なものである。製法の違いにより各種の名称がある。竹串(たけぐし)に刺して乾燥した串柿、細縄や糸につるして干すつるし柿、半乾きの柿を莚(むしろ)の上で転がしながら乾燥した転(ころ)柿などである。また、柔らかい干し柿をいくつも抱き合わせるように固め、竹皮や藁(わら)で包んで細縄で巻きあげた巻柿などもある。干し柿の表面に出てくる白い粉はブドウ糖と果糖の混合物である。干し柿はそのまま食べるほか、細切りの大根などとあわせて柿なますにしたり、菓子材料に用いられる。干し柿をつぶして寒天と砂糖で煮つめ、竹の容器に流して固めた柿羊羹(ようかん)は大垣市(岐阜県)の名物として知られている。[河野友美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

干し柿の関連キーワードのどの痛み、せきにはこれが効く高森(町)(長野県)日光寺あまんぼう元祖丸型柿羊羹柿の美きんとんころ柿の里しか伊自良大実柿南飛騨富士柿枯露柿・転柿月餅・月餠柿餻・柿糕垂井[町]渋抜きカキ堂上蜂屋柿郷愁の柿四郷串柿粉を吹く粉が吹く河野友美柿浸し

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

干し柿の関連情報