コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソン

大辞林 第三版の解説

そん【巽】

易の八卦の一。算木で☴の形で示す。従順・卑下の徳を表し、南東(たつみ)の方角に配する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

巽の関連キーワード大梅法〓(“王へん”に「巽」)江戸川乱歩全集恐怖奇形人間小笠原海中公園地区霊鑑寺宗栄女王ゴーイエローゴーグリーン春藤六右衛門ゴーブルー木村蒹葭堂鎌鼬美術館ゴーレッドゴーピンク大林千萬樹元藤 燁子吉川耕渓鳥山入斎池上掃雨死の宝庫中村左洲先天八卦

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巽の関連情報