コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川行英 いちかわ こうえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川行英 いちかわ-こうえい

1805-1854 江戸時代後期の和算家。
文化2年生まれ。上野(こうずけ)勧能(かんのう)村(群馬県南牧(なんもく)村)の人。斎藤宜長(ぎちょう)に師事し,江戸にでて白石長忠(ながただ)にまなぶ。御三卿(ごさんきょう)一橋家の指南役となり,武蔵(むさし)川越藩や忍(おし)藩の藩士にもおしえた。「合類算法」を編集。嘉永(かえい)7年10月29日死去。50歳。通称は玉五郎。号は君虎,南谷。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

市川行英の関連キーワード和算家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android