コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市来四郎 いちき しろう

2件 の用語解説(市来四郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市来四郎 いちき-しろう

1829*-1903 江戸後期-明治時代の武士。
文政11年12月24日生まれ。寺師(てらし)次右衛門の次男。市来政直の養子。薩摩(さつま)鹿児島藩士。砲術の研究,反射炉の建造,武器の調達,貨幣の鋳造などを担当した。明治2年箱館戦争に宰領として出征。15年から旧藩主島津家の修史にあたる。明治36年2月21日死去。76歳。名は広貫(ひろつら)。通称は別に正右衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

市来四郎

没年:明治36.2.21(1903)
生年:文政11.12.24(1829.1.29)
幕末の薩摩(鹿児島)藩士,明治時代の修史家。鹿児島城下南新屋敷に生まれる。薩摩藩のために,軍艦,銃器の調達を担当して,箱館戦争に従軍した。維新後は,島津久光の系統に属して,明治15(1882)年,島津斉彬の言行録を調べ,18年からは維新前後にかかる『旧邦秘録』の調査にかかり,島津家の修史事業に従事した。22年には,旧大名家を勧誘して史談会を結成し,甥の寺師宗徳と共に,その運営を推進した。<著作>『市来四郎自叙伝』<参考文献>『史談会速記録』,大久保利謙『大久保利謙歴史著作集』7巻

(秋元信英)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市来四郎の関連キーワード児玉源之丞鹿児島古薩摩池上四郎折田兼至平豊彦高城七之丞田畑常秋中島健彦別府九郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone