コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗像氏 むなかたうじ

世界大百科事典 第2版の解説

むなかたうじ【宗像氏】

筑前国宗像郡の宗像大社(現,福岡県宗像郡玄海町)の大宮司家。筑紫の豪族で大和朝廷と交渉のあった宗像君の子孫とされる。宗像君の出自については,大国主命の6世の孫吾田片隅命の子孫とする《新撰姓氏録》の説,天神の御子大海命の子孫とする《西海道風土記逸文》の説などがある。宗像君は684年(天武13)に朝臣の姓を賜った。698年(文武2)には宗像郡司に限り3親等以上の者の連任が許されており,宗像氏が郡内において着々その地位を確立しつつあったことがうかがえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宗像氏
むなかたうじ

筑前国宗像郡田島(たじま)(現、福岡県宗像市田島)にある宗像神社(現、宗像大社)の大宮司(だいぐうじ)を世襲した家。古代豪族胸肩君(むなかたのきみ)の子孫といわれ、8世紀ごろまでは神主職(かんぬししき)と宗像郡司(ぐんじ)を兼帯していたが、979年(天元2)、宗像氏能(うじよし)が大宮司に補任(ぶにん)されて以来、代々一族によって宮司職を世襲した。鎌倉幕府が成立すると鎌倉御家人となり、所領所職(しょりょうしょしき)の安堵(あんど)を受けている。そこで大宮司としての職務を勤めながら、鎌倉御家人としての活動も顕著である。南北朝時代には、足利幕府方として活動している。戦国時代になり、大内氏の勢力が筑前国に及ぶと、その支配下に属し、充行(あておこな)われた所領にちなんで、一時期黒川(くろかわ)氏を名乗ったこともあった。1586年(天正14)、宗像氏貞(うじさだ)が死没したことによって、大宮司としての宗像家は断絶したが、江戸時代末に復活した。[瀬野精一郎]
『宗像神社復興期成会編『宗像神社史』上・下巻、付巻1巻(1971・宗像神社復興期成会) ▽宗像大社文書編纂刊行委員会編『宗像大社文書』第1巻、第2巻、第3巻(1992、1999、2009・宗像大社復興期成会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の宗像氏の言及

【田霧姫命】より

…〈道〉とは海路を示し〈道主貴〉とはその航路の神をいう。本来,タキリビメは3神を祖とする宗像氏に斎(いつ)き祭られていた漁業をつかさどる水の神であった。ムナカタとは〈ミナカタ(水潟)〉の意で,水の神を斎くことに関連する。…

※「宗像氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宗像氏の関連情報