コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市河万庵 いちかわ まんあん

美術人名辞典の解説

市河万庵

幕末・明治の書家。江戸生。市河米庵の子、三喜の父。名は三兼、通称は昇六、字は叔並。幕府に仕え、江川太郎左衛門高島秋帆に洋式砲術を学び、鉄砲方となる。父の業を承け、篆隷に長じた。また篆刻点茶・弾琴も能くした。維新後は大蔵省に勤め、ロンドンで新製したわが国紙幣の文字を書いた。明治40年(1907)歿、70才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市河万庵 いちかわ-まんあん

1838-1907 幕末-明治時代の書家。
天保(てんぽう)9年3月21日生まれ。市河米庵の子。市河三喜の父。幕府につかえ,江川太郎左衛門,高島秋帆(しゅうはん)に洋式砲術をまなび鉄砲方となる。海保酔茗に篆刻(てんこく)をまなび,書をおしえる。明治初年から大蔵省につとめ,3年ロンドンで製作する新紙幣の文字をかいた。明治40年11月10日死去。70歳。江戸出身。名は三兼。字(あざな)は叔并。通称は昇六。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

市河万庵の関連キーワード本田 退菴本田退菴明治時代