コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

希元素鉱物 きげんそこうぶつ

世界大百科事典 第2版の解説

きげんそこうぶつ【希元素鉱物】

希元素を主成分とする鉱物。ただし希元素の定義がないため,かなり習慣的な用語である。元素の周期表の下の方の元素は地表での存在度が一般に小さいが,それらのうちで,昔から人類が使用してきた元素は希元素には数えない。以下の鉱物などが希元素鉱物と呼ばれている。元素の周期表上でIA族の希アルカリ元素すなわちリチウム,ルビジウム,セシウムの鉱物でリシア雲母lepidolite K(Li,Al)3(Si,Al)4O10(F,OH)2,ポルクス石pollucite (Cs,Na)2Al2Si4O12・H2O等。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

希元素鉱物の関連キーワード希元素

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android