コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸崎 えどさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸崎
えどさき

茨城県南部,稲敷市北西部の旧町域。霞ヶ浦の南に位置する。 1889年町制。 1954年君賀村,沼里村,鳩崎村,高田村の4村と合体。 2005年新利根町,桜川村,町と合体して稲敷市となった。中世には土岐氏の城下町,近世には江戸幕府の直轄地となった。小野川が霞ヶ浦に流れ,水運時代には佐原,銚子などに通じる物資の集散地。米,カボチャ,スイカなどを産する。貝塚が多く,旧高田村地区の椎塚は有名。不動院,瑞祥院などの古刹がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸崎
えどさき

茨城県南部、稲敷(いなしき)郡にあった旧町名(江戸崎町(まち))。現在は稲敷市の北西部を占める地域。旧江戸崎町は1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)高田、鳩崎(はとざき)、君賀(きみが)、沼里(ぬまさと)の4村と合併した。2005年(平成17)稲敷郡新利根(しんとね)町、桜川(さくらがわ)村、東(あずま)町と合併して市制施行、稲敷市となった。旧町域は国道125号、408号、県道が通じ、これらによりJR常磐(じょうばん)線の土浦、荒川沖、牛久(うしく)の各駅や、龍ケ崎(りゅうがさき)、千葉県佐原(さわら)、成田などの各地と結ばれる。とくに新東京国際空港(現、成田国際空港)建設後は交通量が増加した。霞ヶ浦(かすみがうら)南岸に注ぐ小野(おの)川下流部の入り江、榎浦(えのうら)に臨む稲敷台地を占める。中世は土岐(とき)氏、蘆名(あしな)氏の城下で、江戸時代に廃城され幕府直轄地となった。霞ヶ浦の河港として発達し、水運と郡政の中心地であった。榎浦は1957年までに干拓されて水田となり、台地はラッカセイ、カボチャ、スイカ、養豚など農業が盛大である。酒、しょうゆの産もある。[櫻井明俊]
『『江戸崎町史編さん資料』(1987・江戸崎町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

江戸崎の関連キーワード江戸崎ショッピングセンター パンプ桜川(茨城県南部)茨城県稲敷市上君山茨城県稲敷市東(茨城県)霞ヶ浦(湖)江戸崎[町]稲敷(市)来栖 良夫稲敷[市]来栖良夫師岡一波諸岡一羽蘆名盛重東洲周道十八檀林岩間小熊一羽流十六島信太荘

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江戸崎の関連情報