コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯佩/体配/体拝 タイハイ

デジタル大辞泉の解説

たい‐はい【帯×佩/体配/体拝】

太刀を身に帯びること。また、その姿。
「容儀―絵にかくとも筆に及びがたし」〈平家・五〉
芸能や武術の、身の構えや作法。
「―、身遣ひと申すもこれなり」〈花伝・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいはい【帯佩】

太刀たちなどを身に帯びること。また、その容姿。 「容儀-人に勝れ/平家 2
(能・舞楽・武術などの)型や作法。 「 - ・身遣ひと申すも、是也/風姿花伝」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

帯佩/体配/体拝の関連キーワード風姿花伝容儀佩帯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android