コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰国子女教育 きこくしじょきょういく

百科事典マイペディアの解説

帰国子女教育【きこくしじょきょういく】

1960年代半ばから増加しつつあった帰国子女の数は1994年度において,約1万3000人。これら帰国子女には,相談体制の充実や受け入れ体制の充実が求められている。特に,日本語適応指導の充実,大学,高等学校における入学選抜の改善,海外で培った特性を保持・伸張するための工夫等が必要で,海外での独自の経験を生かすことのできる教育活動を各学校において開発するなどして,個性の伸張を図っていくことが期待される。文部省は国立大学附属学校に帰国子女教育学級を設けるとともに,帰国子女教育研究協力校および帰国子女教育受入推進地域を指定し,さらに高等学校・大学における帰国子女の特別受入枠の設定等の指導を進めている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

帰国子女教育の関連キーワード波多野 完治帰国子女問題日本人学校研究校

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰国子女教育の関連情報