コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常仁入道親王 じょうにんにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(常仁入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常仁入道親王 じょうにんにゅうどうしんのう

1752*-1772 江戸時代中期,職仁(よりひと)親王の第6王子。
宝暦元年12月22日生まれ。9年桃園天皇の猶子として親王となる。翌年得度し,梶井門跡(もんぜき)となる。明和8年一身阿闍梨(あじゃり)。明和9年4月23日死去。22歳。死去に先だち一品(いっぽん)にすすめられ,天台座主に任じられた。幼称は百宮。俗名は成美(なりはる)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

常仁入道親王の関連キーワード噺本談義本ナッシュ滑稽本鳥居清長ブラウン鳥居清長談義本本多髷工藤平助

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone