常夜(読み)ジョウヤ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐や〔ジヤウ‐〕【常夜】

夜の間じゅうある現象や状態が続くこと。
夜のような暗さが昼間も続くこと。
「いづくあてどの五月闇、―と目もくれて」〈浄・賀古教信〉

とこ‐よ【常夜】

いつも夜であること。常闇(とこやみ)。
「これに因りて―往きき」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうや【常夜】

一晩じゅう変わらないこと。夜じゅう続くこと。
夜がいつまでも続くこと。 「 -の闇と目もくれて、側に立つさへ見えざれば/浄瑠璃・賀古教信」

とこよ【常夜】

夜ばかりで昼がないこと。いつも夜であること。 「爾に高天の原皆暗く、葦原中国悉に闇し。此れに因りて-往きき/古事記 上訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常夜の関連情報