コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常岡文亀 つねおか ぶんき

美術人名辞典の解説

常岡文亀

日本画家。兵庫県生。東美校日本画科卒後、結城素明に師事。帝展を中心に活躍する。太田聴雨らの九皐会に参加し、また大日美術院・日本画院同人となる。細密描写による花鳥画を得意とした。東美校教授。文展審査員・日展会友。帝展特選。昭和54年(1979)歿、81才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常岡文亀 つねおか-ぶんき

1898-1979 大正-昭和時代の日本画家。
明治31年11月13日生まれ。結城素明に師事。昭和3年母校東京美術学校(現東京芸大)の助教授となる。4年「鶏頭花」,8年「棕櫚(しゅろ)」が帝展で特選。12年大日美術院展に出品し,17年同院の同人となる。海外における日本美術展にも出品。花鳥画を得意とした。昭和54年11月29日死去。81歳。兵庫県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

常岡文亀の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android