コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常座/常坐 ジョウザ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ざ〔ジヤウ‐〕【常座/常×坐】

能舞台で、シテが演技をするときに、動作の起点・終点となる場所。シテ柱の内側の斜め前方。名乗り座。
仏語。修行の一つとして、長時間すわっていること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうざ【常座】

能舞台の、シテ柱右前方の場所。シテが演技の初めと終わりに立つ位置。また、登場人物が舞台に出て、立ち止まり、名乗りをあげる定位置。名乗り座。シテ座。 → 能舞台

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

常座/常坐の関連キーワード名乗り座立ち語り玉虫厨子シテ柱間狂言立語り能舞台頭取座連句

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android