コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常座/常坐 ジョウザ

2件 の用語解説(常座/常坐の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ざ〔ジヤウ‐〕【常座/常×坐】

能舞台で、シテが演技をするときに、動作の起点・終点となる場所。シテ柱の内側の斜め前方。名乗り座。
仏語。修行の一つとして長時間すわっていること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じょうざ【常座】

能舞台の、シテ柱右前方の場所。シテが演技の初めと終わりに立つ位置。また、登場人物が舞台に出て、立ち止まり、名乗りをあげる定位置。名乗り座。シテ座。 → 能舞台

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常座/常坐の関連キーワード橋懸り臆病口御喧しゅう貴人口後見柱仕手柱囃子座独り舞台笛座横板

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone