常法(読み)ジョウホウ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ほう〔ジヤウハフ〕【常法】

ある場面には必ず通用される規則。一定のきまり。
「長崎表での蘭館への出入は―があって」〈菊池寛蘭学事始
いつも使う手段・方法。「腹痛で遅刻は彼の常法だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうほう【常法】

定まっていて変わらない法。一定の規則。 「国用乏闕無きの-を立つべし/公議所日誌 15
通常の方法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常法の関連情報