コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常法 ジョウホウ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ほう〔ジヤウハフ〕【常法】

ある場面には必ず通用される規則。一定のきまり。
「長崎表での蘭館への出入は―があって」〈菊池寛蘭学事始
いつも使う手段・方法。「腹痛で遅刻は彼の常法だ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうほう【常法】

定まっていて変わらない法。一定の規則。 「国用乏闕無きの-を立つべし/公議所日誌 15
通常の方法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

常法の関連キーワードマーシャル・ローソーダガラス精神測定法6月14日矢島 羊吉異端審問逸品画風極限法一品経戒厳令彝・彜知覚一定常式規則

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常法の関連情報