常法(読み)ジョウホウ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ほう〔ジヤウハフ〕【常法】

ある場面には必ず通用される規則。一定のきまり。
「長崎表での蘭館への出入は―があって」〈菊池寛蘭学事始
いつも使う手段・方法。「腹痛で遅刻は彼の常法だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうほう【常法】

定まっていて変わらない法。一定の規則。 「国用乏闕無きの-を立つべし/公議所日誌 15
通常の方法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐ほう ジャウハフ【常法】

〘名〙
① 公にきまった一定規則。また、さだまって変わらない法。
正法眼蔵(1231‐53)出家功徳「我々所にあらざれば、諸仏の法なるべし、ただこれ諸仏の常法なり」
蘭東事始(1815)上「長崎は、御常法ありて、猥りに旅館への出入はならぬ事なるに」 〔春秋左伝‐文公六年〕
② 通常の方法。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常法の関連情報