常盤の国(読み)ときわのくに

世界大百科事典 第2版「常盤の国」の解説

ときわのくに【常盤の国】

中世の物語草子や説経節などの語り物,あるいは諸国田植歌などにあらわれる国の名。戌亥(いぬい)(北西)の方角にある祖霊のいる国で,富や豊饒源泉と考えられ,燕(つばめ),時鳥(ほととぎす),(うぐいす)などの祖霊の使者とか乗物と考えられている鳥が媒介すると考えられた。〈ときわ(常磐)〉はつねにその性質を変えずに存続する岩の意味であるが,〈とこよ(常世)〉と混同して,ほぼ常世と同意に用いられたものらしい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android