常磐津小文字太夫(5代)(読み)ときわず こもじだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常磐津小文字太夫(5代) ときわず-こもじだゆう

?-? 幕末の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
常磐津節の4代常磐津文字太夫(豊後大掾(ぶんごのだいじょう))の養子となり,文久2年(1862)5代小文字太夫を襲名。同年離縁となり故郷の上野(こうずけ)(群馬県)桐生(きりゅう)にかえった。通称は新安,桐生小文字太夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

常磐津小文字太夫(5代)

生年:生没年不詳
江戸末期の常磐津節の太夫。桐生(群馬県)の人で,俗称新安,4代目文字太夫の養子で,桐生小文字太夫と呼ばれたという。番付によれば,天保8(1837)年5代目文字太夫が豊後大掾になったと同時に5代目小文字太夫となり,安政4(1857)年7月中村座の「三世相」の口上で披露されている。同年10月以後の番付から小文字太夫の名が消えているので,この年何らかの理由で離縁となったのであろうか。文久2(1862)年5代目小文字太夫を襲名し,同年暮れに離縁となり,故郷に帰ったとの説もある。ちなみに,文久2年から再び小文字太夫の名が番付に登場するが,これは6代目小文字太夫佐六であろう。<参考文献>田村成義『続歌舞妓年代記』

(安田文吉)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android