コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐色 ときわいろ

色名がわかる辞典の解説

ときわいろ【常磐色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「こい」としている。一般に、年間を通して緑をたたえるスギ科常緑針葉高木、マツ科常緑針葉高木などの葉の色をさす。濃く落ち着いた緑色。常磐は「とこいは」の意味で、永久に変わらないこと。松の葉のような長寿にちなんだ千歳緑ちとせみどり、あるいは松葉まつばと同じような意味だが、JISの色彩規格では松葉色より濃く、千歳緑より明るい。平安時代からある染色の色。和服、和装小物などでは現代でもよく用いられる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ときわいろ【常磐色】

スギなどの常緑樹の葉のようなくすんだ緑色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

常磐色の関連キーワードスプルースグリーンシダーグリーン平安時代松葉色常緑樹緑色スギ常磐色名

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android