コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帽子法 ぼうしほう Hat Act

2件 の用語解説(帽子法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帽子法
ぼうしほう
Hat Act

1732年イギリス議会北アメリカ植民地に対して発した法律。イギリス本国の重商主義政策による植民地産業規制の一つ。すでにフランスとの競争で苦しんでいたロンドンフェルト帽子製造業者が,植民地の帽子製造業の拡大を恐れて議会に圧力をかけ制定させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうしほう【帽子法 Hat Act】

アメリカ植民地の帽子製造業を規制したイギリスの法律。1732年制定。植民地ではビーバーをはじめ毛皮が豊富であったので,植民地製毛皮帽は,当時のヨーロッパの流行により,対イギリス貿易の重要商品となり,本国のフェルト帽製造業者を圧迫した。彼らはアメリカ製帽子の輸出制限を議会に請願し,それによって制定された帽子法は,アメリカ製帽子のヨーロッパ市場への輸出のみならず他の植民地への輸出まで禁止し,帽子製造業労働者雇用も7年契約の白人年季奉公人2名までに制限した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

帽子法の関連キーワードアメリカ独立革命シャーロットタウン会議タウンゼンド諸法連合カナダ植民地アーリーアメリカンアメリカ杉アーリーアメリカンスタイル亜米利加オルバニー会議《アメリカ史の植民地時代》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone