コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西尾藩 にしおはん

3件 の用語解説(西尾藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西尾藩
にしおはん

江戸時代,三河国 (愛知県) 西尾地方を領有した藩。本多氏2万石に始り,松平 (大給) 氏2万石,本多氏3万 5000石,太田氏3万 5000石,井伊氏3万 5000石,増山氏2万石,土井氏2万 3000石,三浦氏2万 3000石,明和1 (1764) 年以降松平 (大給) 氏6万石で廃藩にいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典の解説

にしおはん【西尾藩】

江戸時代三河(みかわ)国幡豆(はず)郡西尾(現、愛知県西尾市)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は修道館。1601年(慶長(けいちょう)6)、戦国時代からの徳川氏の家臣本多康俊(やすとし)が2万石で入封(にゅうほう)して立藩、以来頻繁に藩主が交代した。松平(大給(おぎゅう))成重(なりしげ)、康俊の子の本多俊次(としつぐ)、短期間の天領をはさんで太田資宗(すけむね)、再び天領を経て、井伊直好(いいなおよし)、増山正利(ましやままさとし)以下2代、土井利長(としなが)以下4代、三浦義理(よしさと)以下2代と、2万石~3万5000石で転入封が続いた。1764年(明和(めいわ)1)に松平(大給)乗佑(のりすけ)が出羽(でわ)国山形藩から6万石で入って以後は定着、明治維新まで5代続いた。松平氏のときは、ほとんどの藩主が老中に昇進、2代の乗完(のりさだ)は松平定信(さだのぶ)寛政(かんせい)の改革に参与、4代乗全(のりたけ)は井伊直弼(なおすけ)安政(あんせい)の大獄で一橋(ひとつばし)派の処分に当たった。1871年(明治4)の廃藩置県で西尾県となり、その後、額田(ぬかた)県を経て翌年愛知県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西尾藩
にしおはん

三河国幡豆(はず)郡西尾(愛知県西尾市)に置かれた譜代(ふだい)藩。1601年(慶長6)本多康俊(ほんだやすとし)が2万石で入封して以来、藩主の交代が多い。康俊ののち、松平成重(なりしげ)(2万石)、本多俊次(としつぐ)(康俊の子)、太田資宗(おおたすけむね)、井伊直好(いいなおよし)(以上3万5000石)とそれぞれ1代で転じ、増山(ますやま)氏2代(2万石)、土井(どい)氏4代、三浦(みうら)氏2代(ともに2万3000石)と転入封が続いた。1764年(明和1)松平乗佑(のりすけ)が出羽山形から6万石で入封すると、以降は転封がなく、5代乗秩(のりつね)まで相伝した。領地は幡豆郡を中心として三河国内にあったが、乗佑入封以降は越前(えちぜん)、摂津、河内(かわち)国にも散在した。乗佑は享保(きょうほう)期(1716~36)に老中の任にあった乗邑(のりさと)の子で、乗佑以降の藩主も京都所司代、大坂城代など幕府要職に就任した。乗佑の子乗完(のりさだ)は寛政(かんせい)の改革のときの老中。乗全(のりやす)のときに藩政改革を行うとともに、1854年(安政1)藩校修道館、済生館(さいせいかん)を設けて学術の振興を図った。1871年(明治4)廃藩後、西尾県、額田(ぬかた)県を経て愛知県に編入される。[渡辺和敏]
『『愛知県史 第2巻』(1938・愛知県)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の西尾藩の言及

【西尾[市]】より

…人口9万8766(1995)。江戸時代は西尾藩の城下として栄え,岡崎,吉田(現,豊橋市)とともに三河三都と称された。当時の中心街の本町には問屋が軒を並べ,平坂(へいさか)は矢作川水運の拠点として繁栄した。…

【平坂】より

…三河国(愛知県)矢作(やはぎ)川河口に位置する近世の港。西尾藩の外港であり,元禄年中(1688‐1704)より市川,外山,新美の3問屋があり,陸上積荷の人夫はつねに100人余,1745年(延享2)江戸廻船8艘が所属し,伊勢湾の諸港を往復する中型の船もあり,三河木綿積出しの拠点として栄えた。矢作川の川舟は,平坂から干鰯(ほしか),〆粕(しめかす),魚油,大豆などを積んで上り,上流から木炭,割木,竹などを積んで下った。…

※「西尾藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西尾藩の関連キーワード佐久島酒井三河島三河衆三河屋三河新報愛知県西尾市幡豆町寺部愛知県西尾市幡豆町西幡豆幡豆〈町〉愛知県西尾市幡豆町東幡豆

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西尾藩の関連情報