コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がら紡 がらぼう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

がら紡
がらぼう

がら紡績の略称で,和紡績ともいう。長野県の僧侶,臥雲辰致が明治初頭に発明した紡績機およびその紡績方法。ブリキ製の筒ががらがらと音を立てて回るところからこの名がある。落綿,綿屑,毛屑などあらゆる種類の糸屑を原料とし,太めのより糸を紡ぐことができる。初めて工業化されたのは愛知県三河地方で,三河紡績とも呼ばれる。最初,動力はもっぱら水力であったが,のち電力に依存。しかし,洋式紡績に押されて姿を消した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

がらぼう【がら紡】

〔機械の回る音から〕
くず綿・落綿などを使って、太い綿糸を作る紡績法。明治初期長野県の臥雲辰致がうんたつちの発明による。糸は太く柔らかいが弱い。帯芯・綿毛布・足袋底地などに用いる。動力源に水車を用いたので水車紡績ともいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

がら紡の関連キーワードアセテート繊維細井和喜蔵甲村滝三郎紡績工業三河木綿水車紡績西尾市岡崎市動力源ラッグ矢作川藤川綿糸松平

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android