コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平均地権 へいきんちけんPing-jun di-quan; P`ing-chün ti-ch`üan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平均地権
へいきんちけん
Ping-jun di-quan; P`ing-chün ti-ch`üan

中国,孫文が唱えた三民主義のうちの民生主義における政策。地権の平均ともいわれ,土地所有の均等化を目指したもの。 H.ジョージの土地単税論をもとに,中国の事情をふまえてそれを適用したもので,外国資本の導入に伴う地価騰貴と,それによる不当な利益をなくすための政策であり,現実的には土地に対する課税として行われた。つまり地価より安く申告が行われた場合は,政府がこれを買上げ,高く申告がなされた場合は,多く課税するというもの。また地価が決定したのちに,その地価が値上がりした場合にはその値上がり分を政府が取上げるというように,おもに土地の値上がりで地主が不当にもうけることを防止することが目的であった。その後,中国共産党の助言でこの平均地権の具体策として「耕者有其田」,つまりその土地を実際に耕作する者がその土地の所有権をもつという制度が提唱され,新中国での社会主義的な土地改革に継承された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

平均地権の関連キーワード中国同盟会宮崎民蔵共進会義烈団

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android