コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平山行蔵 ひらやま こうぞう

2件 の用語解説(平山行蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平山行蔵 ひらやま-こうぞう

平山子竜(ひらやま-しりょう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平山行蔵
ひらやまぎょうぞう
(1759―1828)

江戸後期の兵学者、武術家。名は潜(せん)、字(あざな)は子龍(しりょう)。兵原(へいげん)、兵僊(へいせん)、運籌真人(うんちゅうしんじん)、練武堂(れんぶどう)などと号した。江戸四谷(よつや)の伊賀組同心の家に生まれ、少年時代より文武両道に励み、武芸十八般に通じていたが、とくに兵学(長沼(ながぬま)流)と剣術(心貫(しんかん)流)を得意とした。1793年(寛政5)35歳のとき、昌平坂(しょうへいざか)学問所に入り、聖堂出役(せいどうしゅつやく)・同御普請役見習に任用されたが、これに飽き足らず致仕し、以後自宅に設けた文武道場「兵原草廬(そうろ)」で剣術(忠孝真貫(ちゅうこうしんかん)流、のち講武実用(こうぶじつよう)流と改称)、兵学、儒学を講じた。常在戦場を実践して玄米を常食とし、実戦実用の武術を鼓吹した。1807年(文化4)北辺にロシア人が出没すると、海防に強い関心を示し、幕府に上書して、自ら蝦夷(えぞ)地に渡航し、その南下を防止することを願い出ている。
 健筆家で、著書には『剣説(けんせつ)』『剣徴(けんちょう)』『孫子衍義(そんしえんぎ)』『海防問答』など500巻を数える。門下には下斗米秀之進(しもどまいひでのしん)(相馬大作)、妻木弁之進(つまきべんのしん)、勝小吉(かつこきち)(海舟の父)らがいる。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平山行蔵の関連キーワード平山子龍大平山琴平山平山東京都日野市平山平山町平山角左衛門平山子竜平山豊後平山兵原

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone