コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平恩 へいおん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平恩 へいおん

ひょうおん

平恩 ひょうおん

?-889 平安時代前期の僧。
西大寺の学僧。三論宗。唯識(ゆいしき)・倶舎(くしゃ)論にも精通した。貞観(じょうがん)7年(865)維摩会(ゆいまえ)講師(こうじ),8年宮中御斎会(ごさいえ)講師などをつとめ,16年律師となる。のち大僧都(そうず)。法眼(ほうげん)。仁和(にんな)5年1月26日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

平恩の関連キーワード西大寺

平恩の関連情報