コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平成輔 たいらの なりすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平成輔 たいらの-なりすけ

1291-1332 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
正応(しょうおう)4年生まれ。蔵人頭(くろうどのとう),参議などを歴任し,正三位にのぼる。後醍醐(ごだいご)天皇の討幕計画にくわわり,秘密のもれるのをおそれた天皇の命令で中原章房(のりふさ)を暗殺させる。元徳3=元弘(げんこう)元年天皇の笠置(かさぎ)潜伏の際,鎌倉方に捕らえられ,正慶(しょうきょう)元=元弘2年5月22日処刑された。42歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平成輔

没年:正慶1/元弘2.5.22(1332.6.15)
生年:正応4(1291)
鎌倉後期の公卿。父は権中納言惟輔。嘉暦2(1327)年参議,翌年には丹波権守を兼任。後醍醐天皇の討幕運動に参加。元徳2(1330)年4月1日,瀬尾兵衛太郎に検非違使大判事中原章房を暗殺させた。討幕の秘計の漏れることを恐れた天皇の命令によるという。しかし,討幕計画が事前に察知され,元徳3/元弘1年8月25日に皇居において,万里小路宣房と共に六波羅の兵士に捕縛され,翌年5月,鎌倉へ護送される途中,相模早河尻において処刑された。

(佐藤和彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

平成輔の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android