コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神祖 カムオヤ

デジタル大辞泉の解説

かむ‐おや【祖】

神としてまつられている先祖。かんおや。
「大伴の遠つ―の奥つ城(き)は著(しる)く標(しめ)立て人の知るべく」〈・四〇九六〉

しん‐そ【神祖】

偉大な功績を残した祖先。

天照大神(あまてらすおおみかみ)の尊称。
徳川家康の尊称。神君。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かむおや【神祖】

神としてまつられている先祖。 「大伴の遠つ-のその名をば大久米主おおくめぬしと/万葉集 4094

しんそ【神祖】

天照大神の尊称。
江戸時代、徳川家康の尊称。神君。
大きな功績をなしとげた祖先の尊称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報