コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神祖 カムオヤ

大辞林 第三版の解説

かむおや【神祖】

神としてまつられている先祖。 「大伴の遠つ-のその名をば大久米主おおくめぬしと/万葉集 4094

しんそ【神祖】

天照大神の尊称。
江戸時代、徳川家康の尊称。神君。
大きな功績をなしとげた祖先の尊称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

神祖の関連キーワード富士筑波伝説熊野大神天照大神海ゆかば秩父神社安積澹泊ホオノキ熊野大社熊野神社注連・標秩父夜祭奥つ城下野国神道注連鴻業著し

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android