平服(読み)へいふく

精選版 日本国語大辞典「平服」の解説

へい‐ふく【平服】

〘名〙
① 平常着る衣。儀式などの晴れの場に着用する服に対していう。ふだんぎ。便服(べんぷく)
政談(1727頃)二「譬ば裏附上下も羽織も皆平服也」
随筆・幕朝故事談(1789‐1801か)「諸侯〉自上召時は、いつでも麻上下にて出づる事なり、平服なれば平服で可出と申来たるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「平服」の解説

へい‐ふく【平服】

ふだん着ている衣服。また、その服装。ふだんぎ。⇔礼服
[補説]冠婚葬祭の招待状などで「平服でご出席ください」とある場合は、ふつう略礼装またはそれに近い服装を指し、カジュアルウエアは含まない。
[類語]略服ふだん着略装軽装着流しカジュアル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android