平服(読み)ヘイフク

大辞林 第三版の解説

式服・礼服に対して、ふだん着る服。また、その身なり。普段着。 当日は-でおいで下さい
江戸時代の継ぎ上下かみしも

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 平常着る衣服。儀式などの晴れの場に着用する服に対していう。ふだんぎ。便服(べんぷく)
※政談(1727頃)二「譬ば裏附上下も羽織・袴も皆平服也」
※随筆・幕朝故事談(1789‐1801か)「諸侯〈略〉自上召時は、いつでも麻上下にて出づる事なり、平服なれば平服で可出と申来たるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平服の関連情報