コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平核無(ひらたねなし)

デジタル大辞泉の解説

ひら‐たねなし【平核無】

柿の一品種。実はやや角ばった形で種子がない。新潟の原産。渋があるためさわし柿にする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の平核無(ひらたねなし)の言及

【カキ(柿)】より

…甘柿と渋柿に大別され,さらに渋の抜けかたにより,完全甘柿と不完全甘柿,完全渋柿と不完全渋柿に分けられる(表参照)。ただし不完全渋柿である平核無(ひらたねなし)にはふつう種子がないので果肉に褐斑がなく,品質が優秀で渋柿の代表品種となっている。一般に甘柿は気温が低いと渋が残るため,気候温暖な中部以南でつくられ,渋柿は耐寒性がやや強く東北方面までつくられる。…

※「平核無(ひらたねなし)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平核無(ひらたねなし)の関連キーワードカキ(柿)おけさ柿紀ノ川柿庄内平野滋賀県

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平核無(ひらたねなし)の関連情報