平田職俊(読み)ひらた もととし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平田職俊 ひらた-もととし

1633*-1711 江戸時代前期-中期の官吏,有職(ゆうそく)家。
寛永9年11月24日生まれ。権(ごんの)少外記,少内記などを歴任。延宝6年致仕し,9年加賀金沢藩につかえる。貞享(じょうきょう)3年「職原家伝秘録」13巻をあらわした。正徳(しょうとく)元年5月27日死去。80歳。通称は大匠。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

平田職俊 (ひらたもととし)

生年月日:1632年11月24日
江戸時代前期;中期の官吏、有職家
1711年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android