コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平田 東助 ヒラタ トウスケ

20世紀日本人名事典の解説

平田 東助
ヒラタ トウスケ

明治・大正期の政治家,伯爵 内大臣;農商務相;枢密顧問官;貴院議員。



生年
嘉永2年3月3日(1849年)

没年
大正14(1925)年4月14日

出身地
出羽国米沢(山形県米沢市)

旧姓(旧名)
伊東

学歴〔年〕
大学南校卒

学位〔年〕
法学博士〔明治41年〕

経歴
米沢藩医・平田亮伯の養子となる。明治4年大学小舎長となり、岩倉具視の欧米巡遊に随行、ドイツのハイデルベルヒ大学などで法律・政治を学び、9年帰国。内務を経て、11年大蔵権少書記官兼太政官権少書記官となり、15年伊藤博文の渡欧に随行。以後、太政官大書記官、法政局参事官、同部長を経て、27年枢密院書記官長、31年法制局長官を歴任。この間、23年貴院議員となり、幸倶楽部に属した。31年枢密顧問官、34年第1次桂内閣農商務相、41年第2次桂内閣内相をつとめ、大正6年臨時外交調査会委員、臨時教育会議総裁、8年宮内省御用掛、11年内大臣となった。同年伯爵。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

平田 東助
ヒラタ トウスケ


肩書
内大臣,農商務相,枢密顧問官,貴院議員

旧名・旧姓
旧姓=伊東

生年月日
嘉永2年3月3日(1849年)

出身地
出羽国米沢(山形県米沢市)

学歴
大学南校卒

学位
法学博士〔明治41年〕

経歴
米沢藩医・平田亮伯の養子となる。明治4年大学小舎長となり、岩倉具視の欧米巡遊に随行、ドイツのハイデルベルヒ大学などで法律・政治を学び、9年帰国。内務を経て、11年大蔵権少書記官兼太政官権少書記官となり、15年伊藤博文の渡欧に随行。以後、太政官大書記官、法政局参事官、同部長を経て、27年枢密院書記官長、31年法制局長官を歴任。この間、23年貴院議員となり、幸倶楽部に属した。31年枢密顧問官、34年第1次桂内閣農商務相、41年第2次桂内閣内相をつとめ、大正6年臨時外交調査会委員、臨時教育会議総裁、8年宮内省御用掛、11年内大臣となった。同年伯爵。

没年月日
大正14年4月14日

家族
孫=三島 義温(尚友倶楽部理事)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

平田 東助 (ひらた とうすけ)

生年月日:1849年3月3日
明治時代;大正時代の政治家。内務大臣;伯爵
1925年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

平田 東助の関連キーワード臨時外交調査委員会地方改良運動11月24日岩倉使節団品川弥二郎内務大臣平田東助戊申詔書平田松堂大正時代佐藤寛次菊池郡蔵大逆事件信用組合産業組合牧野伸顕平田昇興譲館済生会官報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android